サラリーマンは時給2000円くらい貰えると成功と言えそうです

【サラリーマンは時給2000円くらい貰えると成功と言えそうです】

こんにちは。

サラリーマンがいくらもらっているかと言うと、
時給換算で2000〜2500円くらい貰えると、成功したと言えそうです。

また、時給4000円となると、
これはもう大企業の幹部クラスでも難しいこともわかりました。

【記事を書く元になったネタ->興味あればどうぞ】

週90時間労働はもうごめん、ウォール街去る若手バンカー増加

以下、面白い示唆もあるかもしれないので、
学生などはぜひ読んでください。
僕の出身校が京大なので、京大生が参考としてところどころ出てきます。
・若手バンカー=いわゆる「外資系投資銀行(=外資系証券会社)」という、
東大/京大/海外MBA卒生がこぞって応募する会社の
投資銀行部門というところに勤務している人のことです。
→ゴールドマンサックスとか、
モルガンスタンレーとか、
リーマンブラザーズもここに入ります。
・若手バンカーの初任給:700万~1000万(週90~120時間労働)
→年4500~6000時間(時給1166円~2222円)

・週90時間は週5日なら1日あたり18時間労働(1日10時間残業)なので、
日系よりかなりきついです

・普通の会社で「残業0」というと、
年間2000時間労働のことです(月166時間)。
残業月40時間(毎日2時間くらい、20時まで)してると、
年間2500時間(投資銀行はその倍の5000時間・・・)です。
・日系企業の初任給:250万(一般企業)~350万
(ITベンチャー・一般大手・大阪ガス等もこのあたり)
~390万(大企業の良いほう・NTTグループ・商社など)
・日系エリート:30代で700万(大阪ガス)~900万(三菱総研)
・若手バンカー→エリートバンカーまでの道のり
→時給1166~2222円で1~5年
→運が良ければ1000万のまま
(他業界に行かない限り、時給は実はそんなにあがらないです)、
位が上がれば2000万目指せる?
→4年で年収4000万とかはほとんどリーマンショック前の幻想
→時給2000円保てればまあ良い方
・参考)コンサル:初任給500~600万で
労働時間は若手バンカーと同じ(週90~120時間労働)

→実力があれば5~8年で年収1000万突破するかも
(その前に転職する人がほとんどだが)。
そもそもコンサルが高給とかいうのがトータル年収しかみなさすぎ。

→100人に一人?くらいは、10年勤め上げて年収5000~1億のパートナーに昇格
・日系大手:初任給350~500万
(500万の例は野村総研:激務だが外資ほどではない、
ただ500万は日系としては例外的)
京大生のいくような企業は30才で600万というのが普通かやや良いくらい
(この時点で30歳のサラリーマンの年収上位4%前後だが)。
・残業何時間したら何時間労働?

毎日2時間→月40時間→年間480時間 つまり、年2480時間くらい
→年収250万だと、時給1000円。普通に残業代が出るちょっと優良企業くらい。

→年収500万だと、時給2000円くらい。上述の通り、東大・京大・海外MBA卒の
「若手エリート最高峰」で1166円~2222円のため、
初任給500万で残業が40時間しかない(一日2時間、年間480時間残業)
というのはまず絶対無い(し、そのような企業は私が就活していた時期を含め、
知る限りほぼ存在しない)

→外資系投資銀行のエリートといえど、
とりあえずはがんばって時給2000円達成するか、日系に転職して、
時給2000円前後(年収も減るが労働時間も減る。
近年景気悪いので賞与とかは微妙だそうですが)
・したがって、時給1000円前後で残業代も支給なら中小企業なら、
かなりの優良企業(一般中小企業だと、
計算すると600円とかになったりする企業も結構あります)、
時給2000円ならトップだと言えます
・こう考えると、
新卒とベテランの差は1000円と2000円で倍しか違わないのですね。

20歳未経験:1000円出たらよいほう
30~40歳ベテラン:2000円なら相当がんばってキャリア積んだ
(京大生を基準としているのですが、
普通は1500円まで到達すれば良い感じかと
(一般企業のちょっと良いくらいのところでも
スタートは実質750円くらいになるはず))
40歳代:キャリアによって違いますが、プロフェッショナル職として
市場スキルが高ければ時給3000円、4000円を目指せる?
→4000円というのはもうべらぼうな金額です。
残業0でも800万、残業80時間で年収1200万です。
→年収1000万とってる人自体、日本で4%もいない(統計上は4.4%)です。
時給で4000円超えてるのはもう大企業の管理職でもほぼいないです。
外資系とか。
→したがって京大生と言えど、生涯キャリアの中で、
時給3000円を一度でも取れたなら、それはそれなりに、
というか今の時代、かなり成功したキャリアです。
→時給3000円で毎日22時まで(残業4時間):年収900万。
これは日系としてはかなり良い方と言えますが、
管理職は忙しいので22時で帰れたらラッキーです。
(900万というのは37歳くらいをイメージして書いてます)
→先ほどの日系ホワイトインフラ企業(?)の大阪ガスも、
30歳で700万ですから、仮に毎日21時まで(残業3時間)として、
時給2500円前後です。
→30歳で時給2500円。これが京大生のかなり成功したキャリアの時給です
(コンサルや投資銀行も2000円くらいなので)。
まぁ日本の賃金感覚として客観的なデータなので参考にしてください。
(一部誤ってたら指摘してください)
経営者としての所感ですが、新卒は高くつき、勤め人には、
ベテランでもなかなか時給あげてあげにくいんだなーと。
新卒でシッカリ報いてもらいつつも成長して
あわよくば独立狙うのが良かったりしてw
追伸. これは、経営者として、
社員にシッカリ報いられているだろうか?
ということを考える際のベンチマーク的に考えた思考が
元になっています。他意はありません。
追伸2. 統計やキャリアは必ずしも正確なものではなく、
主に後輩や同僚のヒアリング結果によるところもありますので、
間違っていることを含む可能性も多く、コメントやメッセージでご指摘ください

titlelp

titlemv titlemv buttonlp

あの日、辞表を叩き付けていなければ、僕の人生は間違いなく平凡なサラリーマンとして終わっていたでしょう。
この映像では、資金20万円しか無かった僕が、どうやって無借金のまま年商3億円を達成できたのか、その秘密の戦略を余すところなく解説しています。
定価数万円、1回最大1,500名が参加する有料セミナーと同じクオリティで起業家志望者、経営者向けの無料セミナー映像を用意しました。他にも、有料級のプレゼントを多数用意しています。