目標達成と孤独

【目標達成と孤独】


目標を追求している時でも時は否応なしに流れ、人は移ろいゆく。


その過程で立ち止まると、ふと自分の半径1mだけ時が止まり、
その円の外でだけ景色が色鮮やかに移ろいゆくような、
そんな感覚に襲われる。


一歩踏み出せば出られる距離、
前進していたつもりなのに自分はいつも半径1mの風船の中。


音も温度も声も温もりも、
全てがどこか他人ごとのように自分に降り掛かってくる。


痛さでも良いからその感覚を誰かと共有したい。


ふと目を上げると、そこには薄いゴムの膜越しに世界が見える。


自分は孤独と知る。


・・・というのは実は気のせいだ。


戻ってこれるから大丈夫。


今は集中して頑張れ。


-目標を持ち頑張る人へ。

titlelp

titlemv titlemv buttonlp

あの日、辞表を叩き付けていなければ、僕の人生は間違いなく平凡なサラリーマンとして終わっていたでしょう。
この映像では、資金20万円しか無かった僕が、どうやって無借金のまま年商3億円を達成できたのか、その秘密の戦略を余すところなく解説しています。
定価数万円、1回最大1,500名が参加する有料セミナーと同じクオリティで起業家志望者、経営者向けの無料セミナー映像を用意しました。他にも、有料級のプレゼントを多数用意しています。