未来予測1:スマホは2023年にイノベーションが終わってただの板になる

スマホは2023年にイノベーションが終わってただの板になる

以前、少し触れたことがありますが、

「iPhone/スマホは2023年で終焉を迎える」

“プロダクトライフサイクル”という理論がある。

これ(プロダクトライフサイクル理論)は、「製品単位」で適用できます。

なお、「市場単位」じゃないことに注意してください。

例えば、会計ソフトウェア市場を見積もりたい時に、
前リアルタイムでセミナーで実演したのが、
TKCという会社の出してる「FX」という会計ソフト。

結果は図の通りでドンピシャだった。

プロダクトライフサイクル

この製品ライフサイクル理論をiPhoneに当てはめると、

2007年:iPhone発売(初代)
2011年:iPhone流行ってる(4S)
2015年:iPhone王者ピーク(6S/SE)
2019年:iPhone衰退の始まり(iPhone12)
2023年:iPhoneというかスマホ終了(iPhone15?)

となり、2023年にイノベーションが尽きます。

この事を解説した動画が下記になります。

■プロダクトライフサイクル(PLC)理論とiPhoneの終わり

※この予測は2017年でしたがiPhone●●はナンバリングが難しいので「12」の発売は2020年発売になりましたね。

12はiPhone11Sに置き換えて考えてください。

さて、iPhoneは2023年に「ただの板」になる
(今のガラケーみたいにイノベーションが尽きる)。

その前(多分2022か3)に、ウェアラブルデバイスの次世代の決定版が出るはずです。。

メガネ型デバイスは、その本命の一つです。

それは板に指でタップするのではない入力形式を伴い、スマホよりも、より体に近く、入力が簡素で、AIに近いものとなるでしょう。

ブログランキングに参加してます。
面白かった、参考になったと思われましたら、応援クリックをしてくれるとうれしいです

↓↓↓


加藤将太の期間限定メルマガ
【期間限定】アフターコロナで勝つ方法のメルマガ配信中!