京大博士採用状況

結局2014年度は2人新入社員が来た(うち1人京大)2015年度は博士2名、
新卒は若干名に内定を出そうと思っている。



何だかんだで人数も増えてきた。(アルバイト入れると30人)


楽天のインターンに行っていた京大の4年生が面接に来たが、
これも結構な技術力を持っている。



今のインターンと合わせてインターンは10名弱になる。


組織作りについてはめちゃくちゃ考えるが、
都度最適な形も変わり、機会の形もかわるから、
毎日が決断の連続であり、決断のための思考の連続。


僕の仕事が決断みたくなっている。


で、僕の今やらなきゃならない事は、足りない絵の具を補う作業みたくなってる。


今の延長を頑張るんじゃなくて、何が足りないか?足りないなら補え!


みたいな感じに、僕の仕事はなっている。


現実の延長線上に理想は無いはずだから、
あるべき形を考えて、それに足りない絵の具を探す作業というのは、
間違ってる訳じゃない。


思えば、京大受験の場合も過去問を並べて教科書をその上に積んで、
それを順番に消化する作業だった。


今の経営も、絵を描いて、足りない材料を探してきて、
それを順番に消化する作業みたくなってる。


難しいのは、いろんな人が関わっているから、
人格みたいのを磨かないと、「流れ」みたいのが悪くなる。


「流れ」が良い時は、
周りの人がみんな自分に見方してくれてるみたいな感覚がある時。


それは、振り返ると、結構ポジティブに生きている時だったり、
期限良く生きている時だったりする。


逆に、「流れ」が悪い、何となくうまくいかない時も、
やはり自分のせいで、カリカリ自分は努力しているぞ、みたいな
人が付いてきにくい考え方をしていたりする。


そんな時自己反省してみると、やはり「流れ」には自分なりの原因があって、
また自分の人格に振り返って性格や考え方、
人間関係における原理原則を微調整しながら、また実践する。


経営そのものは自己分析みたくなっていることもあるが、
あとは経営の理論書などを読んで、
(書いてない事も多いので、自分で発見する必要があったりするが
目指している数十億レベルの姿は、一般書籍としては出回らないのだろう)
分析を続ける。


その結果出てきた仮説を、また会社に持って行って実行する。


経営とはそんなもんだと思ってる。


あと半年で30歳なので、10年かけて世の中に
良いインパクトを与えられる会社に仕上げていきたい。

titlelp

titlemv titlemv buttonlp

あの日、辞表を叩き付けていなければ、僕の人生は間違いなく平凡なサラリーマンとして終わっていたでしょう。
この映像では、資金20万円しか無かった僕が、どうやって無借金のまま年商3億円を達成できたのか、その秘密の戦略を余すところなく解説しています。
定価数万円、1回最大1,500名が参加する有料セミナーと同じクオリティで起業家志望者、経営者向けの無料セミナー映像を用意しました。他にも、有料級のプレゼントを多数用意しています。