衝撃!!日本人は既に半数超がコロナに感染していた

日本人は既に半数超がコロナに感染していた

※速報形式ニュースです
(2020年5月28日に執筆しています[加藤将太のFacebookからの引用])

何と、、!!!!

日本人死者数が少なかった理由が京大チームにより解明。

春節含む「中国人の流入を妨げなかった閉鎖の遅さ」が功を奏したというのです。

衝撃的発見。

その京大チームの記事を要約すると、

  1. コロナには毒性の弱いS(先駆け)型、
    変異したK(インフルと競合してかからなくする=欠ける)型、
    更に変異し武漢で死にまくったG(グローバル)型がある
  2. S→K→Gの順に中国で流行った
  3. Sにかかった後Gにかかると重症化しやすい
  4. KにかかるとGに対する免疫を持つ

~~~

まず中国でS、次いでK型が流行った。

それが日本に流入し続けていたが日本は、武漢で変異したG型(武漢G型。上海で変異したのが伊、米に拡散したのが欧米G型)が死者を出しても国境閉鎖しなかったため、その頃主流だったK型を含む中国人が大量流入し、日本のインフル流行を「欠けさせた=K型」。

その結果、過半数の日本人がK型新型コロナウイルス(無症状〜軽症)に「感染済み」だった。

ところで集団免疫成立は感染力に比例して必要割合が上がる。

K型は54%で集団免疫成立=日本人の推定抗体保有率。

G型は80%。

差し引き26%はG型コロナにかかりうる。

これが日本における流行を生み出した。

欧米はどうか?

~~~

まず、S型新型コロナウイルスはほぼ無症状なので、誰も気づかなかった。

そして日本人と欧米人に感染していった。

日本人は後ほどK型に感染して、G型に対する免疫を持った。

S型感染済みで、K型なしにG型にかかると重症化しやすい。
ADE効果といって容態急変の原因。

すぐに国境閉鎖した欧米は弱毒のS型(先駆け)は入ってきたがK型が流行る隙が無かった。

S型はK型より弱く集団免疫成立はもっと低い(例えば20-30%?)だろう。

ということは欧米は例えば3人〜5人に1人がG型で重症化しうる。

このため死者が多数出ている。

日本においての重症化率はどうか?

~~~

日本ではS型(先駆け)は例えば3割感染済み。

そこにK型が充分入ってきて新たに55%にかかり、集団免疫成立。

残った45%中、例えば13%程度が「S型保持、K型非保持」のため重症化する人。

ダイヤモンドプリンセス号の感染者のうち、5人に4人が無症状で、うち1人が有症状、但し4人の中の何名かが容体悪化というのはこの抗体の有無で説明が付く。

~~~

まとめ
  1. 新型コロナウイルスはS→K→Gとあり、G型だけが恐ろしい
  2. S型→G型感染はヤバい(容態が急変するなど)
  3. SとK型、両方に対する感染はG型を防ぐ自然免疫ワクチン効果あり(追伸1)
  4. G型だけの感染はおそらくその人の免疫力次第
    ということはS&K型ウイルスの混合ワクチン、または時間差での注射は、既にG型に対するワクチンのように扱えるのでは?

このやり方だと、乱暴すぎるのだろうか。

色々衝撃的過ぎる。

尚、この論文自体は仮説なので、更なる検証を待たれている状態です。

●ブログの元となった記事
https://president.jp/articles/amp/35711?page=1

■■■追伸1

一見すると、K型はS型に上書きかと思えますが、SとK両方セットでG型に対するワクチン効果があるようです(S型に他のコロナウイルスやインフルエンザの感染を防ぐ効果はない)。

・S→Gは致命症
・S&K→Gは自然免疫ワクチン効果
・K単体では、「ある程度抑えられる」

ようです。

解説サイト
https://tokyomidtown-mc.jp/blog/2020/05/-vol4-1.html

■■■追伸2

日本人のPCR検査で新型コロナウイルスをそこまで検出してないのは、「カットオフ」の閾値により、G型しか検出されないようになっているためで、K型などを含めて検出されるようにカットオフ値を設定すると、約半数がG型(武漢G型と欧米G型)の抗体を持っており、うち30%は陽性として検出されるはずとの事。

何故、交代を持っている「約半数:例えば55%」の人に対して、そのうちの6割弱の30%しか抗体検査で陽性にならないのかについては書かれていませんが、K型単体持ちが25%で、SとKの両方を持っている人が30%ということなのか、それ以外の理由なのかは、分かりませんでした。

■■■追伸3

BCG効果については、議論の余地のある仮説です。
(あるイスラエルの研究によると、BCGによる有意差は無かったとも言われています。)

人種差がある、ということについてはほぼほぼコンセンサスが取れているようです。