コロナ後の社会・経済・未来予測・人間心理

コロナ後の社会・経済・未来予測・人間心理

さて、今日から新しいシリーズを始めます。

■書きたい内容

【コロナ後の社会・経済・未来予測・人間心理】
ーアフターコロナの国際関係、米中の覇権低下と世界統治
ー非接触経済/AIに対応できる国
ー起業家の対応法

など。

今日から徐々に新しいテーマに向けて、舵を切っていきますので付いてきてください。

さて、前回のブログで、『コロナで死なない方法』を伝えました。

内容は「高齢者と持病持ちを入れても致死率0.1~0.5%」
「コロナ3週間で死ぬ場合の経過(最初1週間で完治させる方法)」
を書きましたね。

コロナで死なない方法として、原始的ですが
「風邪ひいたら無理せず身体を熱くして、汗をかきまくることで体温を上げて汗びっしょりにして寝る」
ことにより、
『コロナウイルスを肺に到達・増殖させなければ重症化しない』
ということを指摘しました。

さて、今日から新しいテーマに移りたいのですが、

本当は、
「加藤政策(累積新規感染増加率15%超えの時のみ緊急事態宣言と、保障内容が『店の家賃』)」
と、
「死者数の予想」
を書きたかったのですが、重要度が低いので追伸1と2に回します。

死者数の予想では、遂に途上国であるガーナで、1人の感染者から533人に集団感染する事態が起こってしまいました。

先進国はSNSと民主主義が発達しているので、過度な閉鎖により経済が大変傷んでいます。

例えば、コロナウイルスにより外出が減った結果、

呼吸器・一部精神科(患者数ほぼ横ばい)とICUなどの治療病院「以外」の

小児科や外科などの来診患者数が激減しています。

毎年インフルエンザは1,000万人が罹患して、3,000人程度~最大1万人が死ぬと言われます。

ところが、コロナウイルスで死んだのは今現時点で759人しかいません。

たまに、コロナの患者数はごまかせても、
死者数はごまかせないとおっしゃる方がいるのですが、
検査せず不審死やただの肺炎として扱われて死んだら、
コロナの死者にカウントしない
(死後にPCR検査する訳じゃない)ので、

実数はこの10倍としても、7,590人。

大変な人数ですが、それでもちょっと猛威を奮ったインフルエンザと同数程度の死者数です。

そして、インフルエンザや他の風邪(毎年数千万人が罹患)が激減しているので、こう言っては語弊がありますが、

病院の総合通院患者数と、死者数という数字だけの意味では、日本国民は『健康』になっているとすら言えます。

※呼吸器科とICUなどの現場は大変でも。

僕はこの呼吸器科とICU等のみ、溢れると思っていたのですが、
日本国は新規罹患数で『約0名』を目指していて、
徹底的に封じ込める訳でもなく、
でもできれば0名にしたいということで

既に沖縄・福井などの移動手段が車の社会を中心に、新規罹患数「0」を達成する都道府県が出る一方で、

東京都内の緊急事態宣言は解除されず
またその基準もなく、

日本人は、「病気自体はかかっても大丈夫」だと大半が思っているのですが、
後で述べる「職場に白い目で見られたくないから」とか
「親族を含む、周りの人に迷惑をかけたくないから」
という理由で、外出自粛しています。

※日本人は高齢者と持病持ちの方以外は、概ね、コロナ怖がってないです。

さて、コロナの病原性について、Twitterアンケート結果より

■約95%の人が「かかっても死にはしない」と考えている

Twitterアンケート結果(あなたはコロナウイルスにかかったら死ぬと思いますか)

にも関わらず、

■過半数の人が、「職場でこんなにみんな頑張っているのに、一人だけ外出してコロナにかかったらどんな目で見られるか怖い。そして隠していて後で大事になったらもっと怖い。」

Twitterアンケート結果(やり直し)

という、「村社会の共同意識」を中心として、外出自粛に協力しています(サラリーマンの場合)。

ここでありがちなQ&A(一問一答)ですが、
引用→回答という順で紹介しますね。

>コロナで医療崩壊って本当なのでしょうか。
>本当に医療機関はコロナ患者で溢れかえっているのでしょうか。

→してないので嘘では?

水際で止まってる病院や、ベッドが埋まった病院は幾つかあって、それが緊急事態宣言に繋がったはずです。

>また、葬儀屋ですが、別にコロナの死者で
>忙しくなっているということはない、
>と複数の葬儀屋が言ってるとも聞きました。

→コロナは、あくまでも、他の死因の死者に対する「数」としては、
全然死んでないんですけど、どこでその情報を得ましたか?

コロナ死者数は【759人】です。
多めに見積もって10倍としても7,590人です。

これはちょっと猛威を奮ったインフルエンザくらいですし
風邪でその何倍も死んでますし、

あと元々日本の出生数86万4,000人に対して、年間死者数が元々137万6,000人です。

「毎月」10万人以上が、死んでるんですよ
(1位ガン・2位心臓発作・3位脳溢血・老衰・4位肺炎)

「累計で」1万人前後死んだコロナくらいで、葬儀屋が忙しくなる訳がありません。

毎月1万人死んでも全然忙しくなりませんよ葬儀屋は。

武漢みたいに地域が集中・大量なら別かもしれませんが・・。

(むしろ、みんなが引きこもって安静にしている分、葬儀屋は死者が減って暇になっているはずです)

>どうも、メディアが煽っているだけのように思えて仕方ないのですが…

→おっしゃるとおりですよ。

>つまり、メディアが実態を正しく報道していないと。

→統計じゃなくて志村けんとか個別のケースにフォーカスするからそうなってます。

「珍しいものがニュースに」なります。

例えば、10代でもコロナで死にましたとか、30代だけど重篤化して後遺症が残りましたとか。
※30代でも対応を誤れば重篤化はするでしょうが..

統計で管理すれば実態が把握できます。

実際は死亡者数の累積は、努力の甲斐もあって、ただの風邪未満です。
(風邪含めると毎月数万人死んでるため)

僕は自粛には賛成派ですが、これから
コロナウイルスと本当に「戦う(死者数が出る)」のは
「発展途上国」のほうで、

「先進国」は、「情報と経済」と戦わないといけません。

その中で「過度な自粛」には反対です。

理論上、21日間徹底自宅に引きこもれば、
(潜伏期間が最長2週間前後とされることから)
罹患数は0に近づきます。

例え日本のその時のコロナの累積罹患数が「100万人」でも、
全員自宅隔離で良ければ(理論上は)21日後には、罹患数がリセットされて0に近づきます。

※理論上は全員発症し、その後治癒または死亡するが、発症者は引き続き自宅隔離する前提です。

※実際は病院に駆け込んだり多少は移動するので完全0にはなりません。

また、自粛が開放されて増えるのなら、
『どこまで徹底して封じ込めるか?』
『どこまでウイルスの存在を許容するか?』
ということになります。

コロナウイルスは「情報」としては怖いものの、実際の死者は「インフルエンザ程度にも死んでいるかどうか」です。
※これは明らかに、自粛の効果ととんでもない努力があってのことですが。

これが
「発展途上国は死者数」と
「先進国は情報・経済」と
戦わなければいけないと言った理由です。

世界の罹患数加藤予測[※追伸1]が

罹患数10〜40億人(1〜4億)
死者600万〜1.2億人(60〜1200万)

の大半は統計にも出てこない途上国で起こります。

※()内の数字は速報値で、
左側の数字が数年後、学者の分析を経て
Wikipediaに載る実数値です。

上記のうち、先進国は1〜2割です。

先進国は情報・経済との戦いで途上国が本当の修羅場です。

さてメインテーマの下記について、
長くなったので後日以降に回します。

■■コロナ後の社会・経済・未来予測・人間心理

・中国と米国の覇権・発言権・支配が弱まる
(EU+日本の連合か)

・車・航空機など一部大手企業が半国有化・国有化へ
(既にJAL・フォードなどが危ない)

・傷んだ経済と救済を国に求める国民と、一部社会主義への回顧

・非接触経済が台東する

・韓国・シンガポール・台湾・香港がこの
非接触経済・AIに対応する

・コンテンツ経済の加速

・実物経済の収縮

・物流・物販が儲かっているのは中期的トレンド。
長期的トレンドはコンテンツとAIの方

・リーマンショックは余裕超え。バブル崩壊も超える。
これは、1929年を超える世界恐慌の始まり。

・起業家が勝つ時代へ

・テレワークとIT活用企業が勝ち組へ

などなど。

詳細は次回メルマガから配信していきます。

注目していてください。

■■■追伸1:死者数予測について
前回も紹介しましたがこちらが根拠です。

罹患数10〜40億人(1〜4億)
死者600万〜1.2億人(60〜1200万)

大半は統計にも出てこない途上国で起こります。

上記の、()内の数字は速報値(各国発表の数値の合計)で、左側の数字が数年後学者の分析を経てWikipediaに載る実数値です。

■■■追伸2:コロナ・日本に対する提言について

僕の提案の骨子は1つだけ。

■新規感染者数が前日比で【+15%】を1回でも超えたら、即【14~21日間】の緊急事態宣言・徹底封鎖
※最後の日に感染拡大率15%切っていたら解除。

ちなみにこれだと21日でほぼ0レベルに抑え込める。
その後また経済をほぼ通常に戻す。

どうせ自粛と開放というのを2年やるなら、緊急事態宣言の「発動」と「解除」の基準をハッキリしてないと経済がガタガタになるから。

調整するならこの【15%】を、13%にするのか、17%にするのかの違い。

『人数』でやると、終わらない戦いが始まるから。
『人数』でやるなら、0人にしないと意味が無い。

ということは、0人にする覚悟が無い日本政府は
『%』でやるしかないのだが、分かってない。

続きます。