衰退するアフィリ業界とその次のトレンド

アフィリ業界はピークを過ぎている。

アフィリエイト(紹介ビジネス)というのは、
広く言うと、商品をご紹介して成果報酬を頂くというものだ。


広い意味での紹介は、廃れない。


僕の上記のセミナーも、実はアフィリエイトできる。
ツイッターで適当につぶやいたら数件成約するかもしれない。


が・・・


そもそも、「紹介」ってのは、
「あなたの人脈、お知り合い、メールアドレスを貸してください。
利用料をお支払いします。」


という意味だ。


だからそれに対して謝礼を払うようなもの。


例えば、あなたがビジネスパートナーを紹介してもらうとき、
あるいは女友達を紹介してもらうとき、
相手にメシくらいは奢るのではないだろうか。


人を一人紹介してくれるというのはすごい価値なんだ。


価値なんだ・・・が。


それを金銭でやってるのがアフィリエイトだ。


ちなみに、今のアフィリエイトのメールアドレス登録の紹介報酬
(アフィリエイト報酬)は、だいたい相場で500円~1000円くらい。


問題なのは、このメールアドレスさえ取れば、
商品を売りつけられるという構図で、詐欺的な商品を売りつける輩が多い。


正直、インフォ業界出身の人は
「目立ったら勝ち」
みたいな感じで出版やテレビに出てひたすらメールアドレスを集めている。


そして、集まったメールアドレスを売るか、
中身の無い商品を売るかで、儲けているという感じだ
(その手法の全てが悪とは思わないが、
全く真似する気にならないモデルだ。
というか正直、
情報業界の印象が悪くなるだけだから止めて欲しい・・・)。


あと、アフィリエイトの稼ぎ方として良くあるのは、
露出はしないが、「稼ぎの本家本元」みたいな感じで、
「情報業界で稼ぎましょう。
僕の言う通りすれば稼げます(僕が一番稼いでます)。」
みたいな感じで、コンサルやお金儲けの手法を売りさばいている。


が・・・



もう、こういうのは、限界に達しているように思うのだ。


こちらは、アフィリエイト業界の紹介報酬の図。


だいたい今年は1500億くらいの見込み。


矢野経済研究所のデータを用いているが、アフィリ業界の市場規模の
断片的なデータから図を作ったのは多分、僕くらいなものだと思うので、
以下の図は面白いと思う。

↓↓↓
●画像「飽和するアフィリ業界・・・2013年PCサイト1000億、スマホ500億」
affiliate_sales

 

 

 

 

どういうことか?


つまり・・・ある形(ここでは、PCサイト)でのアフィリエイトは、
もう飽和したのだ。


大事なことなのでもう一度言う。
”従来の形のアフィリエイトは飽和した”。


バブルが終わったと言ってもいい。


大規模なジャパニーズドリームというか、
マネーゲームが終わり、これからは大胆に二極化された
”少数の稼げる人間”vs”大多数の稼げない人間”の様相が展開される
(それでも、下克上が起こるのがこの業界の面白いところだけど。)。


で、真に続くビジネスは何か?


ということだけど、
それはやはり、
僕が推奨する”次世代起業家”が展開するようなビジネスだ。


具体的には、経営者にとって


●労働時間が3時間未満


●売上の上限がほぼ無い(優に1億に到達する)


というのを特徴としている。


あと、お客さんにとっては

●面白く高品質なサービスが届けられる

というのも特徴だ。
詳しくは、ネットビジネスの移り変わりについて
以下に書いたので参考にしてもらえればと思う。


○ネットビジネスの形は10年以内に変わる
~情報化社会の成功法則と時代の読み方~
次世代起業の手法の例としては、
「ウリを先に立てる」リバース・セールス・プロセスという手法がある。
これを知っていれば無借金での起業も可能だし、
実際僕が先日手がけた法人向けのシステム
(ちなみに、月額20万円以上で20台以上成約してます。
年商5000万以上達成見込み)も、この考え方で作ったビジネスです。

よろしければ復習がてら、見てみてください。

○リバース・セールス・プロセス
~不況時代の起業成功論~
という感じで、リーバス・セールスを心がけ、
時短起業を心がけ・・・すると、
簡単に儲かってる側の人間になれ、
お客さんも儲かる、というのが僕の論理。

あなたも早く、
金儲けの話しかしないアフィリエイトの世界を抜けだして、
本物の起業家になりましょう。

titlelp

titlemv titlemv buttonlp

あの日、辞表を叩き付けていなければ、僕の人生は間違いなく平凡なサラリーマンとして終わっていたでしょう。
この映像では、資金20万円しか無かった僕が、どうやって無借金のまま年商3億円を達成できたのか、その秘密の戦略を余すところなく解説しています。
定価数万円、1回最大1,500名が参加する有料セミナーと同じクオリティで起業家志望者、経営者向けの無料セミナー映像を用意しました。他にも、有料級のプレゼントを多数用意しています。