経営についてメモ

経営についてメモ


●自動化可能な範囲
規模が大きくならないときと
新しいビジネスをやらない時は出社しなくても回る
ということは出社とは仕組化のためにあるべきで、
業務はスタッフに委任しよう


●出社によるペースの調節
僕の場合は比較的アイディアが先行して実務が後から付いてくる
ペースに合わさせようと思うとスタッフに負担がかかる


労働時間あたりの業務拡大量または新規業務発案量は恐らく、
社長ごとに一定。ということは、
出社時間を調節すれば業務変化(拡大または新規ビジネス)を調節できる

これとキャッシュフローとのバランスを見ることで
個人の主観によらない経営のスピードバランスが取れる可能性


●出社しないとヤバいというライン
今のところ働かなさすぎてヤバくなったケースはない
むしろ働くことで新規業務と業務拡大が同時に行われすぎて現場が混乱する
またはキャッシュフロー悪化のケースのほうが多い


従って、業務が定常化した際はしばらく放置して
現金が会社に留保されるのを待つ(この際は退屈)


●問題解決をどこまでやってから次に進むべきか
前の日記にも書いたけど、
問題解決は結果の改善つまり売り上げ増大につながらないケース


エンドユーザー対応とマスへのアプローチのバランス
(マスへのアプローチ優勢にすることで結果としてエンドユーザーも得)
その他いろいろ検証中


これは社長の采配次第で経営が左右されるので、
タイムマネジメントの視点として客観的な指標となる可能性がある。

titlelp

titlemv titlemv buttonlp

あの日、辞表を叩き付けていなければ、僕の人生は間違いなく平凡なサラリーマンとして終わっていたでしょう。
この映像では、資金20万円しか無かった僕が、どうやって無借金のまま年商3億円を達成できたのか、その秘密の戦略を余すところなく解説しています。
定価数万円、1回最大1,500名が参加する有料セミナーと同じクオリティで起業家志望者、経営者向けの無料セミナー映像を用意しました。他にも、有料級のプレゼントを多数用意しています。