ネット無しでの起業って意外にムズい

【ネット無しでの起業って意外にムズい】

スタバにて読書をしていて考えた。

その本には「ExcelSolutions.com」なる、エクセルで経営の数字、
取り分け商品価格と損益分岐点に関する計算などの
計算式を提供するUSのプログラムなどが紹介されていた。


それで、ふと、3年前、
僕が会社を立ち上げる前にこうしたサービスを見かけていたら、
邦訳し、各種ソリューションや事例などのナレッジを
紹介するサイトを立ち上げたら、
商売になり得るなあとか考えた。


実はこの手のビジネスアイディアは、僕に限らず、
ある程度軌道に乗った起業家なら
日常的に考えることで、知り合いの起業家と半日も話せば、
必ず1つ、多いときは3つくらい、
新規の事業のヒントになりそうな話くらいは出てくる。


それで、これを考えたのはスタバにてだった。


ふと、僕が完全オフライン、
スタバやその他のショップをネットマーケティング無しに
立ち上げるとしたら、
どのような手段があり得るか考えてみたが、
「大手の壁」というのに思い当たってなかなか難しそうに思えた。


ダイエー、スタバ、マクド、ユニクロ、
アマゾンにしても(アマゾンはネットショップだけど、
それを抜いても流通システムを持つ大手)、
こと「流通システム」というところに関して、
既に巨大かつ知名度のあるインフラを築いていて、
各分野においてこの牙城を崩すのは難しそうだ。


となると、地域密着型の高単価?高利益率のシステムで
勝負するしかないよなーということになるけど、
今度はネットマーケ無しに「街角のちょっと素敵な店」を脱して、
チェーン店化したり不労所得化する手段が思いつかなかった。


そして、アルマーニやプラダやら、
並み居るブランドショップの高単価な商品と
どう差別化していいかもなかなか難しそうだ。


じゃあサーフショップとかの、
地元密着で大手のないところならどーかと考えても、
利権関係があってなかなか関係構築がめんどそうだ。


結論的に、ネットマーケを無視して実店舗とマスマーケティングだけで、
短期間で個人商店の域を超えて成長するのは、
限られた手段しか無いだろう。


あり得るとしたら、
地元密着型のショップで何らかの差別化された強みを持ち、
地道に手紙などでマーケティングを行いつつ
フランチャイズシステムなどを組んだりかな。


それはネットマーケを活用したビジネスとは違って、
雇用やら営業やらフランチャイズやら顧客対応やら、
結構いろいろ知識と経験が必要だ。


だからやっぱ起業するなら
ITの知識は絶対あったほうがいいと思うんだよね。


と思って生きているのだけど、
普通の人は家にブロードバンドに繋がったパソコンがないこともしばしばで、
サイバー大陸に築かれた経済圏を認識することすら無いケースも結構あって、
何と無く、教育ってこれで良いのかな?とか考えたりする夜でした。

titlelp

titlemv titlemv buttonlp

あの日、辞表を叩き付けていなければ、僕の人生は間違いなく平凡なサラリーマンとして終わっていたでしょう。
この映像では、資金20万円しか無かった僕が、どうやって無借金のまま年商3億円を達成できたのか、その秘密の戦略を余すところなく解説しています。
定価数万円、1回最大1,500名が参加する有料セミナーと同じクオリティで起業家志望者、経営者向けの無料セミナー映像を用意しました。他にも、有料級のプレゼントを多数用意しています。